2009年01月03日

考える力をつける知的論理トレーニング 高島康司

この本は論理的に話すことを目的とした本です。

論理的会話というと、根拠をしっかり示せとよく言われますが、誰にでも理解できる根拠、つまり前提や事実を話すことでより相手を説得できるそうです。

練習問題もあるので、本書を読むだけで論理的会話が自然と身についてしまいます。

説得力に自信がない方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

ビジネス書おすすめ度☆☆☆☆★4

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書


小さな会社★儲けのルール 竹田陽一&栢野克己

この本はランチェスターなる戦略を用いた営業方法が書かれた本です。

要は、競争率の低い場所で戦えという当たり前の方法です。

ただ、著者が1000件以上の倒産会社を見てきたデータを元に書いてあるので、非常に信憑性のある内容ばかりです。

中小企業の社長さんで経営に苦しんでいる方や、これから企業したいと考えている方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

弱者でも強者に打ち勝つノウハウが手に入りますよ。


ビジネス書おすすめ度☆☆☆☆★4

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書

1週間で実践論理的会話トレーニング 高島康司

終身雇用が終わりをつげ、能力社会へと変貌をとげようとしている日本社会において、最もかけているスキルが説明力であるらしい。

日本人は昔から察する文化があり、詳しく説明しなくてもいいという風潮が日本人を口下手にした。

そんな私も口下手なので、トーク力を高めるために本書を購入した。

この本には、どうすれば相手に伝わる説明が出来るのか?といったことが書かれている。

また、そのためのトレーニングがてんこ盛りです。

ですので、読んだだけでは説明上手にはならないので、トレーニングしてこそスキルが身に付くようになっています。

自分は説明下手だと思っている方や、トレーニング方法がわからないという方はぜひ一度読んでみて下さい。

私も今日からトレーニングしていこうと思います。


ビジネス書おすすめ度☆☆☆★★3

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書

投資信託にだまされるな! 竹川美奈子

投資信託にだまされるなという刺激的なタイトルに、だまされて購入してしまいました(笑)

銀行が薦める商品は損な商品が多いので、、自分で選んで賢く買いましょうというのが本書の狙いである。

銀行が勧めてくる投資信託のパターンを示し、どれだけ損なのかを説明してくれています。

得な商品とは、手数料が無料もしくは安く、信託報酬が低い商品のことらしい。

本書を読んで、だまされない投資信託の買い方を身に付けましょう!

ビジネス書おすすめ度☆☆☆★★3

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書

2009年01月01日

相手を洗脳する文章テクニック 宮川明

NLPを利用した文章術の本です。

NLPの本はわりと難しいものが多いですが、この本は例文をふんだんに取り入れているので非常にわかりやすいです。

これをマスターすれば、文章によって相手を動かすことは容易でしょう!

悪用厳禁です。


ビジネス書おすすめ度☆☆☆☆☆5

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。