2008年11月02日

なぜ、あの社長の会社は儲かるのか 大村大次郎

元税務署員が、税務調査時に出会った伸びる会社と危ない会社を分析した本である。

基本的には、職場の雰囲気がいい会社というのは業績もいいらしい。

やはり社員のやる気が売り上げに繋がっているということか。

あとは、やはり社長が税金に詳しく節税対策を行っている会社は伸びるみたいなので、これから起業して社長を目指している方は、ぜひこの本を読んで今のうちに税金対策を勉強しておきましょう。


ビジネス書おすすめ度☆☆☆★★3

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。