2008年11月09日

なぜ、スーパーの「1万円の売上げ」は「80円の利益」にしかならないのか? 洞口勝人

会計学を物の値段を通して学ぼうというのが本書である。

車から牛丼にいたるまで、様々な物の原価や利益などが詳細に書かれている。

物がいかに大量生産で利益を上げているかということが、痛いくらいよくわかる。

また、利益率が非常に高い業種があることにも気付く。

これから起業しょうとしてる方は、自分が始めようとしてる業種が利益が出やすいのかどうかを知ることができると思う。

物の値段に興味がある方や、これから起業しょうと企んでいる方はぜひ読んでみて下さい。


ビジネス書おすすめ度☆☆☆★★3

こちらのランキングでは本に関する様々な情報がゲットできます。

ビジネス書


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。